クレジットカードを持っているとこんなとき便利

クレジットカードを持っていると、いろいろと便利を実感できる場面があります。

信用を元に付帯されるカードですから、カードを所有しているだけで一定の信用が認められます。

かつてのゴールドカードは、社会的地位の証明と言われていたでしょう。

現在はプラチナカードがかつてのゴールドカードのような役割をしていますが、ゴールドカードの人気は依然として高いものです。



クレジットカードの一番のメリットは、ショッピング機能を使って商品を購入できることでしょう。

手持ちの現金がなくとも、返済を先延ばしして、さらに利息なし(1~2回払いの場合)で購入できるのです。

カード1枚で買い物ができるので、現金をたくさん持ち歩く必要がありません。



さらにポイントが付加するというメリットがあります。

ポイント付加率は一般的に0.5%のカードが多いです。

1~2回払い、ボーナス1回払いならば手数料がかかりませんので、現金払いよりも0.5%安く購入できると考えてもいいでしょう。

「クレジットカードを持つと浪費しやすくなる」と言われる方もいますが、これは自己管理の問題であり、直接的なデメリットとは言えないでしょう。



カード契約時には、いろいろな特典を受けることができます。

カードによって性質が異なり、「頻繁に買い物する人に有利なカード」「ネットショッピングを利用する人にお得なカード」「海外旅行保険が充実したカード」「ポイントがたくさん貯まるカード」などなど、いろいろな特徴があります。

年会費無料のカードなら、これらの特典を無料で受けることができるのです。



キャッシング枠のあるクレジットカードなら、困ったときにお金を借りることもできます。

カードローンと比べると限度額は少ないですが、それでも10~30万円程度の枠はあるため、不都合を感じることはないでしょう。

なお、この機能は一時的にお金を工面するものであり、高額・長期の融資を受けるためには通常使いません。


サブコンテンツ

このページの先頭へ